愛車を賢く手放そう!

中古車取引にも旬がある!?

愛着の湧いた自分の車を手放すならなるべくいい条件で手放したくありませんか?
求める条件は、とにかく高く売りたい人、手間をかけずに売りたい人とそれぞれいるでしょう。
そんな要求を満たすにはある程度の知識が必要。
当サイトで少し勉強していきましょう。

まずは基本的な知識として、下取りと買取の違いを知っておきましょう。
重要なのは取引相手の違い。

下取りとは新車を購入する際、その販売店に現在乗っている車を買い取ってもらう取引です。
新車の購入と古い車の売却の取引相手が同じなわけですから当然手続きは楽になり時間短縮ができます。
ただ、相手は新車のプロであり中古車のプロではありません。
中古車の相場に疎かったり、買い取った後の流通システムが少ないことから、なかなか高い値段はつけてくれないのです。

対して買取では、中古車買取業者が相手になります。中古車のプロです。
中古車の相場、時期に対応した中古車市場のニーズといったものに精通しており、下取りではつかないような高値を提示してくれることがあります。
ただ買取業者によって買取価格が大きく異なるため、多数の業者の査定を受けて価格を比較する必要がある上、新車購入と古い車売却の相手が異なるので手続きが少し面倒になるのがデメリット。

下取りにせよ買取にせよなるべく高く売るにはディーラーを相手に交渉をする必要があります。
車の売却はいわばプロ相手の商談ですから、ある程度の知識をつけて賢く車を売りましょう!

≫ TOPへもどる