>

中古買取業者と取引をしよう!

新生活は車の買い替え時!

中古車の価値がもっとも高い時期。それは1月〜3月とされています。
4月に就職や転職、人事異動など多くの人の生活環境が変わる時期ですので、車を購入する人が多いのです。
また9月も秋の人事異動があり引っ越しシーズンですので、中古車需要は高いです。
中古車販売店としてはこの時期までに車の在庫を確保しておきたいところ。
この時期でしたらこちらから多少高値での買取を提案しても交渉成立しやすい時期です。

時期といえば車検前後どちらで売るべきか悩むところかもしれませんね。
たしかに車検後売った方が価値は上がることはあります。
しかし車検を終えているからといって上がる価値はせいぜい2、3万円程度。
後述しますが車の価値は時とともに下がっていくものですし、車検にかかる費用も考えるとトータルではマイナスになってしまいます。
売ると決めたら車検のことは考えず、なるべく早く売ってしまいましょう。

あなたの車はどんどん価値が下がってく!?

中古車を買うにあたってなるべく新しい車を買いたいと思いませんか?
誰だってそう思っています。
中古車であっても新車に近い方が価格が高いのは当たり前のこと。
市場の旬を考えるのも大切ですが、なるべく早く売ってしまうことも大切なのです。

走行距離も要チェック。
走行距離は5万km、10万kmという段階でガクッと価値が下がります。
車買い替えを考え始めたら走行距離がここまで達する前に売ってしまいましょう。

消費者として車市場を見ていると盲点になるのが車種のフルモデルチェンジ。
多くの人が型落ちの同車種を手放すので、中古車市場に同車種が大量に流れるということです。
必然、供給過多で価値は下がります。
逆に考えるとフルモデルチェンジのタイミングで型落ちの中古車を買えば、いい状態の車を安く手に入れることができるということでもあります。
モデルの新旧にこだわらないのであれば、このタイミングで型落ちの車を狙って見ては?


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる